1. ホーム
  2. 仮想通貨
  3. ≫【毎日更新】無料で簡単に仮想通貨がもらえるAirDrop一覧【タダのエアドロップまとめ】

【毎日更新】無料で簡単に仮想通貨がもらえるAirDrop一覧【タダのエアドロップまとめ】

仮想通貨では、無料で仮想通貨を配る「AirDrop(エアドロップ)」が頻繁に行われています。「何のためにタダで配るの?」と思うかもしれませんが、その通貨のホルダーを増やすことで流動性をアップさせたり、知名度向上を狙ったり、実施側としてはかなり効率のよりプロモーションなのです。

もらう側としても、やり方に慣れてしまえば機械的に登録をすませていけば少しの手間でかなりの額をもらうことができます。Twitterでは、タダでもらった一つの銘柄が最高約53万円になったなんで報告もあります。すごすぎる。。。

airdropの最高額

出典:ふーみんさんのtweet

ただ、手順が面倒なものもありますし、ウォレットの秘密鍵を聞いてくるような詐欺のようなものもあるらしいので、簡単に登録できてちゃんと仮想通貨をもらえたものを紹介していきます。ただし、登録は自己責任でお願いします。

Airdropで仮想通貨をもらうために必要なもの・簡単にもらう手順

Airdropで仮想通貨・暗号通貨をもらうために必要なものは、イーサリアムウォレット、テレグラム、ツイッターです。

よくあるのが、「イーサリアムウォレットのアドレス登録+テレグラム登録」その次に多いのが、「メールアドレス登録+リツイート」です。

イーサリアムウォレット「MyEtherWallet」を準備

AirDropで仮想通貨をもらうためのイーサリアムウォレットが必要です。「MyEtherWallet」が広く使われており、使い方も簡単なため私も使っています。ここで取得したウォレットのアドレス(0x~)が必要になります。下記サイトに詳しく使い方が載っていました。

https://warucoin.com/wallet/myetherwallet/tukaikata-2/

テレグラム(Telegram)のアカウントを準備しよう

テレグラム(Telegram)は、世界的に人気のあるチャットアプリです。スマホで電話番号を登録するだけでアカウントが作れます。パスワードは、SMSで毎回異なるものが送られてくるため非常にセキュリティが強固です。

iPhoneアプリか、Androidアプリをダウンロードして登録することができます。

タダで仮想通貨・暗号通貨がもらえるAirDrop一覧まとめ

PIXIECOIN

PIXIECOINはコンテンツ制作者のための商品取引プラットフォーム。中国のプロジェクトですが、会長は早稲田大学出身の方のようです。下記の②ステップで5coinもらえました。

EDUC(EduCoin)

EDUCは、オンライン教育のための仮想通貨です。未上場。ETHアドレスおよびテレグラムの登録でGSCがもらえます。

  • 付与条件:イーサアドレス and テレグラム)
  • 登録はこちら:EDUC公式サイト

Aelf(ELFはバイナンス上場済み)

バイナンスに上場済みの銘柄です。

メールアドレスを登録し、公式ツイッターのフォローなどでもらえるAelfが増えていきます。下記URLにアクセスし、メールアドレスを登録します。招待制のため「Invitation code」は必須ですが、下記のURLなら入力済みのはずです。登録したメールアドレスに確認メールが送られてくるため、ログイン後、公式ツイッターのフォローなどでAelfが付与されます。(リツイートなど、アクションする毎にもらえるAelfが増えて行きます。)

 

エアドロップに参加する時の注意点

詐欺のようなエアドロップもあると聞きます。下記には注意しましょう!

・イーサリアムウォレットの秘密鍵の入力や寄付、手数料を必須で要求するものは絶対に参加しない!

・メールアドレス/ETHアドレスはエアドロップ専用のものを用意するのが推奨

 

終了したAirDrop

GSC(Global Social Chain)はTRONと提携

GSCは、ブロックチェーンのSNSで未上場です。TRONがGSCとの戦略的パートナーシップを構築したと発表ています。ETHアドレスおよびテレグラムの登録でGSCがもらえます。

  • 付与条件:イーサアドレス and テレグラム)
  • 登録はこちら:GSC公式サイト

CRYPTOKAMI(クリプトカミ)

https://cryptokami.com