【毎日更新】無料で簡単に仮想通貨がもらえるAirDrop一覧【タダのエアドロップまとめ】

仮想通貨では、無料で仮想通貨を配る「AirDrop(エアドロップ)」が頻繁に行われています。「何のためにタダで配るの?」と思うかもしれませんが、その通貨のホルダーを増やすことで流動性をアップさせたり、知名度向上を狙ったり、実施側としてはかなり効率のよりプロモーションなのです。

もらう側としても、やり方に慣れてしまえば機械的に登録をすませていけば少しの手間でかなりの額をもらうことができます。Twitterでは、タダでもらった一つの銘柄が最高約53万円になったなんで報告もあります。すごすぎる。。。

airdropの最高額

出典:ふーみんさんのtweet

ただ、手順が面倒なものもありますし、ウォレットの秘密鍵を聞いてくるような詐欺のようなものもあるらしいので、簡単に登録できてちゃんと仮想通貨をもらえたものを紹介していきます。ただし、登録は自己責任でお願いします。

Airdropで仮想通貨をもらうために必要なもの・簡単にもらう手順

Airdropで仮想通貨・暗号通貨をもらうために必要なものは、イーサリアムウォレット、テレグラム、ツイッターです。

よくあるのが、「イーサリアムウォレットのアドレス登録+テレグラム登録」その次に多いのが、「メールアドレス登録+リツイート」です。

イーサリアムウォレット「MyEtherWallet」を準備

AirDropで仮想通貨をもらうためのイーサリアムウォレットが必要です。「MyEtherWallet」が広く使われており、使い方も簡単なため私も使っています。ここで取得したウォレットのアドレス(0x~)が必要になります。下記サイトに詳しく使い方が載っていました。

https://warucoin.com/wallet/myetherwallet/tukaikata-2/

テレグラム(Telegram)のアカウントを準備しよう

テレグラム(Telegram)は、世界的に人気のあるチャットアプリです。スマホで電話番号を登録するだけでアカウントが作れます。パスワードは、SMSで毎回異なるものが送られてくるため非常にセキュリティが強固です。

iPhoneアプリか、Androidアプリをダウンロードして登録することができます。

タダで仮想通貨・暗号通貨がもらえるAirDrop一覧まとめ

PIXIECOIN

PIXIECOINはコンテンツ制作者のための商品取引プラットフォーム。中国のプロジェクトですが、会長は早稲田大学出身の方のようです。下記の②ステップで5coinもらえました。

EDUC(EduCoin)

EDUCは、オンライン教育のための仮想通貨です。未上場。ETHアドレスおよびテレグラムの登録でGSCがもらえます。

  • 付与条件:イーサアドレス and テレグラム)
  • 登録はこちら:EDUC公式サイト

Aelf(ELFはバイナンス上場済み)

バイナンスに上場済みの銘柄です。

メールアドレスを登録し、公式ツイッターのフォローなどでもらえるAelfが増えていきます。下記URLにアクセスし、メールアドレスを登録します。招待制のため「Invitation code」は必須ですが、下記のURLなら入力済みのはずです。登録したメールアドレスに確認メールが送られてくるため、ログイン後、公式ツイッターのフォローなどでAelfが付与されます。(リツイートなど、アクションする毎にもらえるAelfが増えて行きます。)

 

エアドロップに参加する時の注意点

詐欺のようなエアドロップもあると聞きます。下記には注意しましょう!

・イーサリアムウォレットの秘密鍵の入力や寄付、手数料を必須で要求するものは絶対に参加しない!

・メールアドレス/ETHアドレスはエアドロップ専用のものを用意するのが推奨

 

終了したAirDrop

GSC(Global Social Chain)はTRONと提携

GSCは、ブロックチェーンのSNSで未上場です。TRONがGSCとの戦略的パートナーシップを構築したと発表ています。ETHアドレスおよびテレグラムの登録でGSCがもらえます。

  • 付与条件:イーサアドレス and テレグラム)
  • 登録はこちら:GSC公式サイト

CRYPTOKAMI(クリプトカミ)

https://cryptokami.com

 

PIXIECOINとは?エアドロップで無料仮想通貨【タダで暗号通貨AirDrop】

PIXIECOIN(ピクシーコイン)がエアドロップ中なので、無料で仮想通貨・暗号通貨をゲットするチャンスです。

でも、PIXIACOINとは一体どんな仮想通貨プロジェクトなのか気になったので調べてみました。

ETHアドレスやテレグラムがよくわからない方は、こちらの記事を参考にして下さい。

PIXICOINとは

PIXICOINについて、公式サイト以外に日本語の情報がなかったのですが、公式サイトを見てみると、概ね下記のような感じでした。

  • コンテンツ制作者のための取引プラットフォーム
  • リリース3ヶ月間で、アップロード作品10万件以上、登録デザイナー2万人超
  • 会長は早稲田大学大学院卒、日立システムズ出身
  • 直近の動きとして、2018年1月にシンガポールにファンド設立

PIXIECOINのエアドロップ参加方法

下記の②ステップで5coinもらえました。

 

ちなみに、公式サイトの日本語はこんな感じです。

若者の成長により、彼らを中心とする主流の消費者の視点に従来の知恵、純粋仮想グッズを逆さまたことがわかった。私たちはより多くのユー ザーが消費できる仮想コンテンツ(UGC)を作成し、優秀なデザイナーを支援するために、分散型仮想商品が取引できるプラットフォームの コンテンツ制作を目指す。それにより、世界的なサービス会社を確立することをビションとしている
易と生産するDAPP二要素管理ゲームによるプロジェクトの改築により、初期段階は「妖精のワードローブ」に着陸した。ここでデザイナーは個人 の作品を提出し、最終的には売却することにより報酬が支払われる。プロセスを通じて、設計(コンテンツ作成)、監査、オークション、生産、 マーケティングおよび他の側面を含んでいる、我々は伝統的なゲームデザイン哲学へのアイデアの中心部に行くことから、すべてのリンクが分散 化されたメンテナンスの仕組みに移し、デザイナーやユーザーに信頼性の高いサービスを提供するができる。
プロジェクトのゲームの一部は、有名なドレスアップゲーム「妖精のワードローブ」のR&Dチームに依頼しています。

出典:http://pixiecoin.io/index-ja.html

XPで少量でもPoSマイニングする方法【1000万XP未満仮想通貨まとめるPOSプール】

仮想通貨のXP(Experience Points)のマイニングは、PoS(Proof of Steak)というしくみで、コインの保有枚数に応じて一定の確率で放置で報酬を得ることができます。

ただい、そこそこの確立でXPを増やすためには、1000万XP(100万円以上)以上所持しておかないとダメと言われています。

100万XPとかでも出来なくもないけど、極端に確率が下がったり貰えるXPの量が少なかったりするようです。

そこで、「Simple Pos Pool」というサービスができました。一人では少額なのでPoSの恩恵を受けられないけど、みんなでコインを持ち寄ってたくさんのXPでPOSマイニングを行い、報酬を分け合うというしくみです。

下記の通り、XP Teamもオフィシャルパートナーとなっています。もちろん、利用は自己責任でとのこと。

XPオフィシャルPOSプール

出典:https://xpjp.github.io/official/2018/01/11/PoS_Pool.html

Simple PoS Poolのは、下記にメールアドレスを登録し、XPを送信することで利用できます。心配なら少額から実施されることをおすすめします。私の場合、最初に10,000XP(時価千円ちょっと)を送信してみて、うまくいったので今は全額置いてます。正直、もともと取引所CoinExchangeにおきっぱなしだったので、取引所よりは不正アクセスなどのリスクは低いと感じています。(小規模なので標的になりにくい)

ちなみに、Simple PoS PoolではXP以外の通貨もマイニングできるのですが、人気のPACやSHNDは締め切られており、XPもいつ締め切られるかわからない状態なので登録するなら早めをおすすめします。

 

Simple PoS Poolの登録やXPのPoSマイニングの方法

やることをざっくり説明すると、「1.ユーザーIDとメルアドの登録」→「2.取引所やウォレットからXPを送信」であとは放置するだけです。

Simple PoS Poolへの登録方法

1.まずは下記のURLにアクセスします。

2.「REGISTER」をクリックします。

3.ユーザー名、メールアドレス、パスワードを決めて、「I’m not a robot」をチェックして「CREATE ACCOUNT」をクリックします。

4.その後入力したメールアドレスに確認メールが届くので、そのメールにあるURLにアクセスすると登録は完了します。

Simple PoS PoolへXPの送信方法(PoSマイニング方法)

Simple PoS Poolに自分専用ウォレットが生成されるので、そこにXPを送信するとあとは自動的にマイニングが開始されます。

1.ログインして左側のメニューから「Deposit」をクリック(1)すると対応しているコイン一覧が表示されるので、XPの「Generate Deposit Address」をクリックします。(2)

2.あとは、取引所やウォレットなどから表示されたアドレスにXPを送信するだけです。利用は自己責任で、心配なら試しに少額を送ってみることをおすすめします。

関東財務局からコインチェックへの行政処分内容【金融庁記者会見は1/29 14時から】

金融庁からコインチェック株式会社へ行政処分がされるとの報道がありましたが、関東財務局のホームページに、具体的な行政処分の内容が発表されました。

内容を見ると、業務の停止などの内容はなく、「報告」をせよということのようです。内容についても、しごく当たり前の内容になっています。

詳細は、下記のURLをご確認下さい。

(1) 本事案の事実関係及び原因の究明
(2) 顧客への適切な対応
(3) システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
(4) 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
(5) 上記(1)から(4)までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

引用元:http://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp0130000001_00004.html

【AirDrop終了】CRYPTOKAMIとは一体何?【無料登録でもらえる仮想通貨情報】

※1/30追記:現在CRYPTOKAMIのエアドロップは終了しています。最新のエアドロップ情報は下記のこちらのページで更新しています。

「CRYPTOKAMI」(クリプトカミ)がAirDropを実施中であり、先着10,000人限定でメールアドレス登録(無料です)のみで50ドル相当がもらえるとのこと。

かなり人気のようで、瞬殺で終わってしまうかもです。登録は下記URLからメールアドレスとパスワードを登録し、送られてきたメールのURLにアクセスするだけです。

ちなみに、登録者の爆発により、登録者数の表示がバグで「8028」で止まってしまっているようなので、登録完了するまで締め切られているかどうかわかりません。(笑)

タダで登録するだけなんてなんとも怪しい感じがしますが、企業にとっては知名度の向上と登録者の増加によって、意外と効率の良いプロモーションのようです。

ただ、CRYPTOKAMIとは一体何者なのでしょうか?

CRYPTOKAMIとはどんな仮想通貨・ブロックチェーンのプロジェクト?

CryptoKamiについては、日本語での情報は見つけられませんでした。公式サイトから英語のサイトをたどって色々読み漁りましたが、簡単に言うと金融取引のプラットフォームのようです。Cardanoベースとのことです。

今後のプロジェクトのロードマップも月単位でかなり細かいです。2月にICOを開始し、4月に取引所への上場予定のようですね。現在はKAMIトークンはcryptokami.comのみで購入できるとのこと。

cryptokamiロードマップ

取引所への上場は、現在下記を予定しているそうです。BINANCEが入っていますね。

KAMI取引所

メールアドレスの登録だけであり、詐欺でよくある秘密鍵の登録はないので、リスクは低いと思いますが自己責任で登録しましょう。早くしないとなくなるかもです。

 

下記は、公式サイトからリンクされているCryptoKamiの説明のGoogle翻訳の全文です。機械翻訳なので読みにくいですが一応。

クリプトカミは誰ですか? CryptoKamiは米国連邦準備制度と同様の分散型の準備システムですが、ブロックチェーンと暗号化技術のためのものです。ブロックチェーンプラットフォームは、次世代の資産管理プラットフォームであり、人々の投資、貿易、信用通貨の効率を改善します。しかし、Ethereumと同様、多くの点でCryptoKamiは、ブロックチェーン技術プラットフォームに特有の点で多くの点で異なっています。宣言された次世代資産管理プラットフォームとして、CryptoKamiは、需要と供給のための金融暗号化技術の多くの分野に専念しています。

CryptoKami投資と借入のプラットフォームとして、もちろん、これはCryptoKami預金、クレジット、投資家にとって有益です。 CryptoKamiは強制アルゴリズムであるComreme Algorithmを実行するため、投資家、預金、クレジット、トレーダーを確実に保護します。金融ICOは、需要と成長のために取引、投資、銀行業務を利用できるため、CryptoKamiを通じて利益を得ることができます。信用モデルは、他のブロックチェーンとは根本的に異なり、金融暗号市場にサービスを提供するCryptoKami独自のものです。 CryptoKamiのプラットフォームは、将来の取引、銀行業務、借用、および暗号化技術による投資の方法において、幅広い領域にわたって多くの領域を大幅に変更します。

CryptoKamiプラットフォームは、投資家、預金者、トレーダーおよびクレジットを同様に提供し、取引、交換、担保および借り入れを支援するプラットフォームツールを提供します。 CryptoKamiのプラットフォームを見る理想的な方法として、投資、取引、信用を通じた長期的な成長の基盤を確立します。 CryptoKamiは将来の取引、暗号間隔と外部交換、レポ借入に幅広く焦点を当てています。短期的な有価証券の信用と、利益を最大化するEXAの利害関係を握る。 CryptoKamiは、金融ICO向けの独自の入金およびクレジットモデルと革新的なシステムソリューションを提供しています。このモデルは、預金の自動現金残高と明確なレポ・キャッシュアウト・クレジットを提供します。このモデルでは、債権者は最終的に預金の実質金利を大幅に上回ることになりますが、信用供与者は暗号化コインベースを維持します。クレジット増加の将来の価格を期待して、借り手は次のCryptoKami ICOへの投資や取引のためにもっと多くのお金を借りることができます。 CryptoKamiオペレータにとって有益なことに、彼らはまた、モデルによってかなりの利益を得ることができます。彼らは、債権者とレポ信用者の間の金利の分散を得る。 CryptoKamiプラットフォームを使用しているブロックチェーンのすべてのICOでの経験には、Kamiトークンを使用する必要があります。カミトークンは、自己成長システム上のカミトークンの需要増加の必要性を高める。理想的には、トークンはクレジットモデルの最大9倍の価値があります。効果的に、CryptoKamiの純粋なクレジットソリューションとそのプラットフォームのアルゴリズムは、金融クレジット、トレーディング、投資および借入市場のすべてにとって勝利のソリューションです。その代わりに、すべての当事者は短期および長期投資の利益とあらゆる分野にわたる預金のために大幅な成長が保証されるでしょう。 CryptoKamiは通常のブロックチェーンテクノロジプラットフォームではありませんが、ファイナンスとクレジットの両方のハイブリッドです。これらの革新的なモデルは、カミトークンの需要と供給を向上させ、間違いなくICOの将来にわたって価値を高めます。

 

【詳しい】zaif(ザイフ)登録方法の疑問解決!【入金/出金/送金手数料/本人確認/やり方】

zaif(ザイフ)の登録方法や、取引のやり方について、本人確認や入金出金・手数料・アフィリエイトについてなど、よくある疑問について解説していきます。

下記の目次から、気になる項目に飛んで下さい。

 

zaifの口座開設・アカウント登録方法の流れ

zaifのアカウント登録は、まず下記URLからメールアドレスを登録します。簡単な流れは下記の通りです。そのあと、氏名や住所を記入し、免許証などの身分証明書の画像をアップロードします。

1.メールアドレスの登録

2.送られてきた確認メールのURLにアクセスしてパスワードを設定

仮想通貨の買い方・売り方など取引のやり方・初め方の流れ

口座を登録してから取引の流れはざっくり言うと下記のような流れです。

1.基本情報・銀行口座情報の入力

2.電話番号認証・二段階認証の設定

3.本人確認資料のアップロード

4.入金

5.取引開始

zaifのアフィリエイトはどうやる?ASPは?

zaifのアフィリエイトは、A8やafbなどのASP(インターネットの広告代理店)を通しません。

zaifに登録すると、アフィリエイト用のURLが使えるようになりますので、まずはzaifに登録しましょう。

スマホを機種変更や紛失したりすると二段階認証はどうなる?

ログイン時の二段階認証をGoogleの認証システムアプリを使った場合、アプリを入れたスマホをなくしたり、機種変更した場合にログインできなくなってしまいます。

そうならないように、二段階認証の設定時に読み込みQRコードを保存しておきましょう。そうすれば、別のスマホでも二段階認証を用いてログインできるようになります。

ビットコインやイーサリアムの送金手数料は?

ビットコインやイーサリアムなど主な通貨の外部アドレスへの出金・送金手数料は下記のとおりです。(zaif.jp公式サイトより引用)

BTC 0.0001BTC以上選択可(0.0010BTC以上推奨)
XEM 2XEM〜
MONA 0.001MONA
BCH 0.001BCH
ETH 0.01ETH〜

出金手数料や出金時間は?(換金方法)

出金手数料は下記の通りです。また、出金反映時間は、「11:00までの申請につきまして、原則2営業日以内」です。11:00以降の申請は、翌々営業日の15:00までに振込がされます。土・日・祝日の出金申請も、翌々営業日の15:00までに順次振込がされます。

50万円未満 50万円以上
350円 756円

日本円の入金時間は?土日入金できる?

日本円の入金は、「銀行振込による入金」、「コンビニ決済入金」、「ペイジー入金」があります。

コンビニ決済とペイジー入金は24時間即時反映されますが、手数料が486円かかります。銀行振込は、住信SBIネット銀行への振込となり、振込元の銀行によって通常の振込手数料がかかります。対応時間は、銀行の営業時間内です。

コンビニ入金・ペイジー入金・銀行振込はどうやる?

コンビニ入金、ペイジー入金では、24 時間 365 日、日本円を入金できます。

銀行振込は住信SBIネット銀行への入金となり、銀行の営業時間内の対応となります。

入金方法は、ページ右上の「アカウント」→「日本円」をクリックすると、それぞれの入金方法が選択できます。

必要な本人確認書類・身分証明書は?学生証?免許証?パスポート?健康保険証?

必要な本人確認書類で主なものは下記の通りです。たいていの公的な身分証明書でいけますが、学生証は入っていません。

・運転免許証

・パスポート(日本のもの)

・個人番号カード(顔写真付き)

・健康保険証(公共料金の明細書もセットで)

未成年で登録できる?年齢は何歳から?18歳とか学生でも?

zaifでは、下記の三点をアップロードすることで、18歳などの未成年でもアカウントを作成することができます。もちろん学生でも可能です。20歳以上だったら学生でも承諾書は必要ありません。

  1. 本人確認書類(運転免許証 などの書類1点)
  2. 親権者同意書
  3. 親権者との続柄が分かる証明書類(住民票、戸籍妙本、健康保健証、母子手帳 の何れかの書類1点)

zaifでもidセルフィー・顔写真は必要?

コインチェックではidセルフィーを撮影してアップロードする必要がありますが、zaifでは、顔写真のidセルフィーは必要ではありません。

免許証などの身分証明書だけを撮影してアップロードしましょう。

本人確認や銀行口座の承認の時間は?

本人確認にかかる時間は、通常時は半日から1日程度のようですが、本人確認が混み合っていた年末年始は、数日かかっていました。

銀行口座の承認には、2~3日かかります。買い時を逃さないためにも早めにすませておきましょう。

株主や会社概要(テックビューロ株式会社)は?

zaifの会社概要・株主構成

zaifの会社概要・株主を公式サイトより引用します。

取引時間は?営業時間や問い合わせサポート対応時間は?

取引時間は24時間365日です。問い合わせサポートについては、電話対応はやっていません。問い合わせフォームから行います。問い合わせはいつでも行なえ、平日 10:00 ~ 17:30(土日祝・盆期間・年末年始は休み)に順次回答されていきます。

zaifでビットコイン等の積立投資はできる?

zaifでは、積立投資を行えるのがビットフライヤーやコインチェックにはない大きなメリットです。

ハッキングされた時の保証は?不正出金・送金が心配

zaifでは、ハッキング・不正アクセスされた場合の盗難保証はありません。ビットフライヤーやコインチェックのようにぜひ対応してもらいたいところです。

zaifの口座開設・新規登録キャンペーンは?

zaifでは、口座開設ではなく、取引高の上位何名かに賞金がもらえるキャンペーンをよくやっています。登録してから取引を開始するまでには時間がかかってしまうため、キャンペーンに乗り遅れないように早めに登録しておきましょう。

zaiの登録でセルフバックや自己アフィリエイトはできる?

zaifで口座開設・登録するためのセルフバックや自己アフィリエイトはどこもやっていません。A8、afb、アクトレなどのアフィリエイトASPや、ハビタスやちょびリッチなどのポイントサイトでもやっていません。

zaifでは、紹介・アフィリエイト制度を自社システムでやっているため、今後もやらない可能性が高いと思いますので、早めの登録をおすすめします。

VISAとMASTERのクレジットカード決済手数料は非公開?

日本国内発行のVISAとMASTERカードが利用できます。購入できる仮想通貨はビットコインやとモナーコインです。

手数料については、公式サイトでは「クレジットカード決済の手数料については非公開」となっています。

クレジットカードでの購入価格と現金での購入価格を比較してみると、8%程度クレジットカードの方が高いようです。(日々変わるかもしれませんので実際に自分の目で確認してみて下さい。)

zaifをビットフライヤーやコインチェックと比較してメリットは?

zaifをビットフライヤーやコインチェック比較すると、下記のようなメリットが主にあります。

zaifの良いところ:取引手数料が安い、アルトコインが板取引のため安い、積立投資ができる

デメリットとしては、ビットフライヤー・コインチェックには盗難補償があるところでしょうか。

メールを受け取るためのドメイン指定は?

zaifでは、確認メールなどが下記のアドレスからきますので、ドコモやau、ソフトバンクなどのメールアドレスを設定する場合は、「zaif.jp」ドメインからのメールを受信できるようドメイン指定受信設定をしておきましょう。

no-reply@zaif.jp

【完全版】ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法の疑問を解決!【入金/出金/送金手数料/本人確認/やり方】

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法や、取引のやり方について、本人確認や入金出金・手数料・アフィリエイトについてなど、よくある疑問に答えていきます。目次から気になる項目に飛んで下さい。

 

口座開設・アカウント登録方法の流れ

ビットフライヤーのアカウント登録は、まず下記URLからメールアドレスを登録します。簡単な流れは下記の通りです。そのあと、氏名や住所を記入し、免許証などの身分証明書の画像をアップロードします。

1.メールアドレスの登録

2.送られてきた確認メールのURLにアクセスしてパスワードを設定

買い方・売り方など取引のやり方・初め方や流れ

口座を登録してから取引の流れはざっくり言うと下記のような流れです。

1.本人確認資料のアップロード

2.二段階認証の設定

3.入金

4.取引開始

ビットフライヤーのアフィリエイトはどうやる?ASPは?

ビットフライヤーのアフィリエイトは、A8やafbなどのASP(インターネットの広告代理店)を通しません。

ビットフライヤーに登録すると、アフィリエイト用のURLが使えるようになりますので、まずはビットフライヤーに登録しましょう。

スマホを機種変更や紛失したりすると二段階認証はどうなる?

ログイン時の二段階認証をGoogleの認証システムアプリを使った場合、アプリを入れたスマホをなくしたり、機種変更した場合にログインできなくなってしまいます。

そうならないように、二段階認証の設定時に読み込みQRコードを保存しておきましょう。

ビットコインやイーサリアムの送金手数料は?

ビットコインの外部アドレスへの送付手数料は 0.0008 BTCです。(2018年1月現在。2017年12月に改定)その他のアルトコインについては基本手数料無料ですが、マイナーに一定額を払う必要があります。 (ETH:0.0001ETH程度、ETC:0.0001ETC程度、LTC:0.016LTC程度、BCH:0.0001BCH程度、MONA:0.016MONA程度)

出金手数料や出金時間は?(換金方法)

出金手数料は下記の通りです。また、出金反映時間は、銀行営業日の午前11時30分までに受け付けた日本円ご出金依頼は、原則として当日中に反映されます。それ以降の依頼は、翌銀行営業日。毎月5・10日、週始め、祝日明け、月末等は、それよりもおくれたりします。

3万円未満 3万円以上
三井住友銀行 216円(税込) 432円(税込)
三井住友銀行以外 540円(税込) 756円(税込)

日本円の入金時間は?土日入金できる?

住信SBIネット銀行のお客様専用口座へ住信SBIネット銀行から振込で入金する場合は、土日でも夜でも入金することができます。

三井住友銀行への入金の場合は、銀行の営業時間のみ入金されます。営業時間外だと、翌営業日の9時以降に入金が反映されます。

板取引での指値方法は?

ビットフライヤーでは、指値による取引もできます。ただし、取引所かビットフライヤーライトニングで行います。販売所では決められた価格で購入するだけです。

コンビニ入金・クイック入金・銀行振込はどうやる?

クイック入金では、24 時間 365 日、日本円を入金できます。

対応銀行は、じぶん銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行です。

コンビニは、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマートでのコンビニ決済、Pay-easy(ペイジー)入金も利用できます。

クイック入金手数料は、1件 324 円(税込)です。

振込入金は、入出金メニューの日本円ご入金タブより、「お客様用日本円振込先」に日本円を振り込むことで入金できます。

必要な本人確認書類・身分証明書は?学生証?免許証?パスポート?健康保険証?

必要な本人確認書類で主なものは下記の通りです。たいていのものはいけますが、学生証は入っていません。

・運転免許証

・パスポート(日本のもの)

・個人番号カード(顔写真付き)

・住民基本台帳カード(顔写真付き)

・健康保険証(住所記入済み)

・年金手帳 などなど

未成年で登録できる?年齢は何歳から?18歳とか学生でも?

ビットフライヤーでは、下記の二点を郵送することで、18歳などの未成年でもアカウントを作成することができます。もちろん学生でも可能です。20歳以上だったら学生でも承諾書は必要ありません。

・保護者の承諾書(保護者の署名捺印あり)

・保護者の顔写真付本人確認資料のコピー
※氏名、生年月日、住所、顔写真が掲載必須項目。

ビットフライヤーに登録するにはフェイスブックは必要?

登録時にフェイスブックIDでも登録できますが、もちろんフェイスブックがなくても登録できます。

ビットフライヤーでもidセルフィー・顔写真は必要?

コインチェックではidセルフィーを撮影してアップロードする必要がありますが、ビットフライヤーでは、顔写真のidセルフィーは必要ではありません。

免許証などの身分証明書だけを撮影してアップロードしましょう。

本人確認や銀行口座の承認の時間は?

本人確認にかかる時間は、通常時は半日から1日程度のようですが、本人確認が混み合っていた年末年始は、数日かかっていました。

銀行口座の承認には、2~3日かかります。買い時を逃さないためにも早めにすませておきましょう。

ログインボーナス・チャットボーナスがもらえない理由は?

ログインボーナス、チャットボーナスには下記のような条件があります。特に、「1日0.05BTCが上限」にひっかかる場合が多く、0時になってすぐにログインしないと上限に達してしまいます。

・ビットコイン・プレゼントは、1 度でも仮想通貨売買をしたことのある個人のお客様に限ります。
・ログインによるビットコイン・プレゼントは 1 日 1 回です。
・ログインボーナス、チャットボーナス共に 1 日 0.05 BTC が上限です。そのため上限に達した場合、ボーナス付与されない場合もございます。

株主や会社概要は?

ビットフライヤーの会社概要・株主など

ビットフライヤーの会社概要・株主を公式サイトより引用します。

取引時間は?営業時間や問い合わせサポート対応時間は?

取引時間は24時間365日です。問い合わせサポートについては、電話対応はやっていません。問い合わせフォームから行いますが、ツイッターなどの情報を見ていると、返答には1週間以上かかったというような書き込みがありますので、営業時間は気にせずに、早めに問い合わせフォームから問い合わせを行いましょう。

ビットフライヤーでビットコイン等の積立投資はできる?

ビットフライヤーでは、zaifの様な積立投資はできません。積立投資をするならzaifを利用しましょう。

ハッキングされた時の保証は?不正出金・送金が心配

ビットフライヤーでは、ハッキング・不正アクセスされた場合の保証があるので安心です。ただし、二段階認証を設定していることが条件ですので必ず設定しておきましょう。

ビットフライヤーの口座開設・新規登録キャンペーンは?

ビットフライヤーでは、口座開設ではなく、一定のビットコインの取引をすることでプレゼントをもらえるキャンペーンをよくやっています。登録してから取引を開始するまでには時間がかかってしまうため、キャンペーンに乗り遅れないように早めに登録しておきましょう。

bitFlyerの登録でセルフバックや自己アフィリエイトはできる?

ビットフライヤーで口座開設・登録するためのセルフバックや自己アフィリエイトはどこもやっていません。A8、afb、アクトレなどのアフィリエイトASPや、ハビタスやちょびリッチなどのポイントサイトでもやっていません。

ビットフライヤーでは、紹介・アフィリエイト制度を自社システムでやっているため、今後もやらない可能性が高いと思いますので、早めの登録をおすすめします。

VISAとMASTERのクレジットカード決済手数料は?

日本国内発行のVISAとMASTERカードが利用できます。

手数料については、公式サイトでは「ビットコイン購入数量はクレジットカード決済用の価格に基づいて算出されます。」と表現されており、明確には手数料は書かれていません。

実際に購入してみると、8%程度の手数料がかかるようです。

振込の対応銀行は?住信SBIは?みずほや三菱UFJ・三井住友は?

銀行振込でビットフライヤーに入金する場合、振込先は三井住友銀行または住信SBIネット銀行のどちらかになります。 振込元はみずほや三菱UFJ、三井住友銀行などどこでも可能ですが、住信SBIネット銀行の場合、土日でも対応しているため最もおすすめです。

ビットフライヤーとザイフを比較するとどう?

ビットフライヤーとザイフ(zaif)を比較すると、下記のような違いが主にあります。

bitFlyerの良いところ:サーバーが落ちにくい、不正アクセスを受けた時などの保証がある(ただし二段階認証設定必須)

zaifの良いところ:アルトコインが板取引のため安い、積立投資ができる

メールを受け取るためのドメイン指定は?

ビットフライヤーでは、確認メールなどが下記のアドレスからきますので、ドコモやau、ソフトバンクなどのメールアドレスを設定する場合は、「bitflyer.jp」ドメインからのメールを受信できるようドメイン指定受信設定をしておきましょう。

no-reply@bitflyer.jp

GMOコインの登録方法/使い方/入金方法/手数料/スプレッド/銘柄

GMOコインの登録方法や入金方法、使い方、手数料や取扱銘柄について説明します。GMOコインは、2017年の開設当初(旧名称「Z.comコイン byGMO」)はスプレッドが大きいため利用していませんでしたが、改良が重ねられ、現在はスマホで仮想通貨・ビットコインFXを行うには最もおすすめの販売所になりました。さすがは「FX最大手のGMO」といったところです。

 

GMOコインの概要

GMOコインは下記の特徴があります。仮想通貨FXを始めるには最低の販売所です。

  • 販売所形式でスピーディに取引できるため絶好のタイミングを逃しにくい
  • とにかくスマホアプリがシンプルで取引しやすい
  • 最大25倍のレバレッジでビットコインFXができる
  • サーバダウンが比較的少ない

取扱通貨:ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)

FXのレバレッジ:最大25倍

社長:石村富隆社長(旧ライブドア出身)

販売所形式なので、板が薄くて買えないということがない。逆に売買が白熱しすぎて、成行注文で思わぬ価格になることがないのが良いところです。

 

GMOコインの登録方法

GMOコインの新規登録・口座開設は下記のURLから登録できます。簡単な流れは下記の通りです。

1.メールアドレス登録

2.確認メールのURLにアクセスしパスワード設定

3.個人情報を入力する

4.免許証などの本人確認書類をアップロード

本人確認書類のアップロードが終われば、あとはハガキを受け取るだけです。

 

GMOコインの入金/出金方法と入金/出金手数料

GMOコインでは、即時入金と振込入金に対応しています。だいたい他の国内取引所と同じですね。即時入金では、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ペイジーに対応しています。

手数料は、即時入金は無料です。振込入金は、振込元の金融機関によります。

出金は、1日に1,000万円が限度額で、手数料は無料です。

 

GMOコインの使い方(仮想通貨購入方法)

GMOコインの口座の登録が完了したら、入金して取引が行なえます。

まずは二段階認証の設定(Googleアプリ、SMS、電話認証に対応)

まずは不正ログインを防ぐため、2段階認証の設定をおすすめします。

設定方法は、ログイン後の会員ページ かた、【口座情報】-【登録情報・変更】-【セキュリティ】より登録できます。

2段階認証方法は、アプリ(Google Authenticator)、SMS、電話による認証と幅広く対応しています。

 

次は日本円の入金(銀行振込入金/即時入金)

振込入金と即時入金が利用できます。振込入金でも、営業日の15時までなら比較的すぐに反映されます。

振込入金は、ログイン後の会員ページ の【入出金】-【日本円】-【振込入金】で表示される銀行口座に振込を行います。

即時入金は、ログイン後の会員ページの【入出金】-【日本円】-【即時入金】から手続きできます。

 

仮想通貨の現物売買方法

ログイン後の会員ページ の【仮想通貨現物売買】-【BTC売買】画面から、購入または売却数量を入力し、「購入」または「売却」ボタンを押すと、注文内容の確認画面が表示されます。

ご注文レートは6秒間確保されます。「購入価格」を確認したら、6秒以内に「確定」ボタンを押します。6秒を過ぎると、再度注文する必要があります。

 

仮想通貨FXの売買方法

成行注文の場合はとてもシンプルな3ステップです。売買区分を選択、取引数雨量を入力、確定を順に選ぶだけです。

GMOコインの仮想通貨FXの成り行き注文方法

成行注文以外にも、下記に対応しています。

・指値注文

・逆指値注文

・OCO注文

・IFD注文

・IFD-OCO注文

GMOコインの取引手数料・スプレッドは?

GMOコインの取引手数料は新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカット、すべて無料です。

スプレッド(買値(ASK)と売値(BID)の価格差)については、アルトコインは非常に小さいです。日本円でリップルやイーサリアムなどのアルトコインを購入できる販売所としてはもっともおすすめです。

ビットコインの最低スプレッドは5,000円(BTC/JPYが200万円だとすると0.25%)と、目立って安いというわけではありません。

 

GMOコインのiPhone/androidアプリ「ビットレ君」

GMOコインではスマホ取引用に「ビットレ君」というiPhone/androidアプリが用意されています。ビットコインをはじめとする仮想通貨FXも行え、とても使いやすいです。

「ビットレ君」GMOコイン

 

GMOコインの紹介・アフィリエイト方法は?

GMOコインのアフィリエイトや紹介は、ビットフライヤーやコインチェック、zaifなどとは異なり、アフィリエイト専門の代理店経由で実施します。

GMOコインのアフィリエイトができるのは「afb」という大手の代理店で、誰でも簡単に登録することが可能です。

afbは3年連続で利用者満足度率No.1に選ばれています。

afb

仮想通貨おすすめ取引所を徹底比較人気ランキング【手数料/スプレッド/銘柄/暗号通貨/販売所】

ビットコインなどの仮想通貨・暗号通貨を取引するためには、取引所や販売所と呼ばれるところに登録しておく必要があります。手数料や取扱銘柄、不正アクセスされた時の保証などが取引所によって異なるため、最初の取引所選びはかなり重要です。

また、仮想通貨の取引が白熱すると、取引所のサーバーがダウンして取引できなくなることが結構頻繁にあるため、最もおすすめの取引所ひとつだけしか登録していないと、暴騰時や暴落時に買い逃し、売り逃しで取り返しがつかなくなるので注意です。

本人確認に時間がかかり、すぐに取引を開始できないため、仮想通貨投資を始めようと思っているなら早めに登録することをおすすめします。

結論から言うと、コインチェック・ビットフライヤー・zaifの口座は全て登録することをおすすめします。取引する銘柄によって使い分けることが大事です。

 

仮想通貨・暗号通貨の取引所/販売所の選び方

セキュリティの安全性が高いこと

過去のマウントゴックス社の事件など、取引所のハッキングによって自分の資産がなくなってしまうのは最悪です。

二段階認証などのセキュリティ対策や、保険などで保証がされるかなどの対策によって、資産が安全に守られているかが第一です。

 

手数料が安いこと

仮想通貨を取引するさいには手数料がかかります。取引回数によって塵も積もれば山となりますので、できるだけ手数料が安い取引所・販売所を選びましょう。

 

取引量が多いこと

取引量が少ないと、買値と売値の差額(スプレッド)が大きくなってしまうため、実質的に手数料以上の金額を損してしまうことになります。

取引量が多い取引所を選ぶとスプレッドは小さくなるため、取引する際の実質的な手数料も少なくなります。

 

銘柄が多いこと

仮想通貨といえばビットコインが最もメジャーですが、それ以外にもイーサリアムやリップル、NEM、NEOなどアルトコインと呼ばれる銘柄が1000種類以上あります。

取引所・販売所によって取り扱っている仮想通貨・暗号通貨の銘柄はさまざまです。国内の取引所は、せいぜい10種類程度の銘柄しか扱っていないため、主要な銘柄だけでもひとつの取引所ではおさえることができません。

少なくとも3つぐらいの取引所に登録しておくことがおすすめです。

 

復数の取引所を使いこなす

ひとつの取引所・販売所だけだと、サーバダウン、取引所の破綻、価格差、取扱銘柄などさまざまな問題に直面します。

仮想通貨の取引をしだすと復数の取引所を使いこなすことになりますが、登録には本人確認の時間がかかってしまうため、最初に復数の取引所の登録を済ませることをおすすめします。

 

仮想通貨・ビットコインのおすすめ取引所の人気ランキング

1位:「ビットフライヤー」は国内最大で初心者でも簡単

  • 国内最大手の取引所
  • 盗難補償がある(要二段階認証)
  • 板取引以外に初心者にもわかりやすい販売所形式もあり
  • アルトコインは販売所形式のみのため手数料が高い
  • レバレッジをかけた取引が行える

・ビットフライヤーの口座開設:https://bitflyer.jp

 

2位:「コインチェック」は銘柄豊富で初心者向け

  • 仮想通貨の銘柄の品揃えが国内トップ
  • 盗難補償がある(要二段階認証)
  • 使いやすいデザインで初心者にもおすすめ
  • 仮想通貨を貸し出すことで利息収入を得ることができる
  • ビットコイン以外は販売所形式のみのため手数料が高い

・コインチェックの口座開設:https://coincheck.com

 

3位:「zaif」は手数料が安く積立通しもできる

  • 全通貨が「板」形式での取引なので手数料が安い
  • 積立投資が行える
  • サーバーが落ちることが多いため短期トレードには不向き

・zaifの口座開設:https://zaif.jp

 

4位:「Binance(バイナンス)」は海外取引所で銘柄豊富

  • 国内と比較して圧倒的な銘柄の種類
  • 割安な手数料(独自トークンBNBで支払うと0.05%)
  • 海外取引所なのに日本語対応済み
  • メールアドレスだけですぐに取引が開始できる

バイナンスなどの海外取引所では日本円を直接入金することはできないため、日本国内の取引所からビットコインやイーサリアムを送金しましょう。

 

5位:「ビットバンク」は中級者以上におすすめ

  • 全通貨が「板」形式での取引なので手数料が安い
  • 手数料無料キャンペーンを開催中

 

6位:「DMM Bitcoin」はアルトコインのレバレッジ取引ができる

  • アルトコインのレバレッジ取引ができる
  • スマホアプリが使いやすい

 

7位:「GMOコイン」はアルトコインが安い

  • 初心者に使いやすいデザイン
  • アルトコインが安く購入できる

 

仮想通貨・ビットコイン取引所の2018年最新の比較表【手数料/スプレッド/銘柄】

比較表が完成次第更新します。

 

取引所の登録から取引開始までの流れ

下記が大体の取引所・販売所での登録から取引開始までの主な流れです。

  1. メールアドレス・パスワードを登録する
  2. ログイン後、免許書などの画像をアップロードして本人確認する。(審査完了まで数日かかります)
  3. 2段階認証などのセキュリティ対策を行う
  4. 銀行口座から入金する
  5. ビットコインなどを取引する

2の本人確認で時間がかかるため、復数の取引所で2までをスピーディに終わらせてしまいましょう。

 

よくある質問・取引所を選ぶ時の注意点・狙い目

仮想通貨「取引所」と「販売所」の違いは?

取引所では、その通貨を買いたいユーザーと売りたいユーザーが直接取引を行いますが、販売所では、販売所が保有する通貨を購入します。

その結果、取引所の方が手数料が安くなります。販売所では、直接ではなく販売所を挟む分だけ手数料が割高になるのです。

 

手数料よりスプレッドの影響が大きい?

スプレッドとは、買値(ASK)と売値(BID)の価格差のことです。取引量が多いとスプレッドは小さくなり、取引量が少ないとスプレッドは大きくなります。

スプレッドは実質的に手数料を払っているのと同じことなので、取引量が多くスプレッドが小さい取引所を選ぶことが重要になります。

 

仮想通貨・暗号通貨の用語集

「仮想通貨」と「暗号通貨」

仮想通貨と暗号通貨、両方同じものを指します。海外では、「暗号通貨」(Cryptocurrency)が一般的です。

もともとは日本でも暗号通貨の方が一般的ですが、電子マネーなどとの差別化もあり、わかりやすいようにマスメディアによって仮想通貨という呼び名が一般的に呼ばれるようになったそうです。

 

「フィアット」とは

よく「フィアットに戻す」とか「フィアットを準備しておく」といった使い方を目にすると思います。フィアットとは、日本円やアメリカドルなど、法定通貨のことです。

 

草コインとは

現在、1000種類以上の仮想通貨・暗号通貨が世の中に出回っています。それらを総称してアルトコインと呼ばれますが、イーサリアムやリップルなど主要なアルトコインには及ばないような規模の小さなコインは、草コインと呼ばれたりします。

もともとは「クソコイン」だったものを、響きがわるいので草コインと読んだそうです。

 

ゴックスとは

2014年のマウントゴックス社の破綻の事件で、利用者のビットコインが失われてしまった事件から転じた言葉です。

仮想通貨の送金ミスで通貨が失われた時に、「セルフゴックスした」などと使います。

 

KYCとは

KYCとは「Know Your Customer」の略で、本人確認のことです。免許証やパスポートの写真をアップロードして行うあれです。コインチェックやビットフライヤーなどの日本の取引所・販売所では取引を行うにあたって必ず必要になりますが、海外の取引所では必要ないことの方が多いです。

バイナンス、KuCoin等、有名なところはどこも本人確認の必要がなく、メールアドレスのみで取引を開始できます。バイナンスでは、本人確認を行うことで送金制限が緩和されますが、本人確認しなくても2BTC(約200万円~400万円)までの送金ができるので、本人確認をしている人は少数派だと思われます。

ただし、各国の規制状況によっては、本人確認が必須になることも考えられますので、今後の流れに注目です。

 

マルチシグとは

マルチシグとはマルチ・シグネチャの略で、復数の署名を意味します。ビットコイン(BTC)やNEM(XEM)で使用できる技術で、ビットコインの送信時に復数の秘密鍵が必要となるため、秘密鍵を分散して管理しておくことで、不正アクセスによりビットコインが不正に送信されるリスクを低下させることができます。

 

仮想通貨DENTとは?チャート/将来性/取引所について

仮想通貨銘柄の「DENT」とはどんな銘柄なのか?特徴やチャート・価格、将来性やニュース、購入できる取引所や購入方法について紹介します。

 

DENTの特徴や基本情報

DENTは、簡単に言うとモバイルデータを仮想通貨でシェアする仕組みです。現在、すでにアメリカとメキシコで利用可能となっているようです。

下記は、DENTの公式サイトから要点を抜き出してGoogle翻訳したものです。詳しく知りたい方は公式サイトから原文をどうぞ。

私たちのビジョンは、この惑星の誰もがモバイルデータパッケージを購入して販売し、モバイルデータを解放する機会を持つブロックチェーンを使って、グローバル市場を創造することです。

DENT iOSアプリの初期市場は、米国とメキシコです。
DENTアプリを使用して、世界中からのデータをこれらのオペレーターのユーザーに送信(送金)することができます。
データを送信できるようにするには、あなたのiPhoneにDENTアプリをインストールし、あなたのアカウントにDENTクレジットを持つ必要があります。

公式サイト:https://www.dentwireless.com/

 

DENTのチャートと価格

DENTのチャート

出典:coinmarketcap.com

DENTのチャートを見てみると、よくあるアルトコインと同じ動きで、2018年1月に入って急激に上昇し、今は徐々に落ち着いてきています。

 

DENTの将来性(今後の価格暴騰や日本上場は?)

DENTのモバイルAPPのロードマップ2018

公式サイト:https://www.dentwireless.com/

DENTの今後の価格暴騰や日本上場の可能性については、公式サイトで発表されている2018年のロードマップが参考になります。

1. 2018年第1四半期にAndroidアプリを起動し、iOSアプリとの機能を比較します
2017年12月にiOSアプリを起動した後にAndroidアプリを追加することは、DENTビジネスの重要な拡大要因です。私たちの目標は、データを購入して送金する最も簡単な方法を提供することであるため、プリペイド携帯電話で市場をターゲットにする必要があります。これらの市場でAndroidが90%以上になると、今後のバージョンがスケーリングの鍵となります。

実際にアプリが出ているため、アプリの評価も参考になるでしょう。

モバイルデータの提供のために、DENTはインド、ブラジル、韓国などの主要市場を立ち上げ、2018年にユーザー層を大幅に拡大します。

韓国では仮想通貨の取引がさかんなため、韓国で実用化されるタイミングはひとつポイントかもしれません。日本でどうなるか、楽しみです。

5.目標:2018年中頃に登録されたユーザー数100万人、DENTはユーザー数でカウントされるブロックチェーンアプリケーションの中で最も使用頻度が高いものの1つになります。
DENTは、2018年半ばに最初の100万人の登録ユーザーに到達することを目標としており、そこから2019年には数千万人に急速に成長しています。DENTは、ユーザー番号でカウントされる世界で最も使用されているブロックチェーンアプリケーションの1つです。

ユーザー数の目標の進捗率は気にしておきましょう。アプリのダウンロード数も参考になります。

6. DENT Exchange Webappを立ち上げ、2018年第2四半期の取引を開始する
Web上のDENT Exchange取引デスクは、データ取引プラットフォームの最初のバージョンとなります。DENTで購入したデータパッケージの販売と購入が可能になります。

7. 2018年までの緊密な協力のための通信事業者との戦略的交渉。
中長期ロードマップで未使用データの販売を可能にするため、DENTチームは引き続き電話会社との取引を交渉し、2018年後半に「攻撃通信事業者」のパイロットプロジェクトを立ち上げることを目指しています。マーケット参加者との交渉や、IETFの自動データ購入機能やアイデアのパイロットを計画しています.DENT Exchangeは、IoTデータの現物取引デスクとして使用できます。ローミングを混乱させる方法についての通信事業者との議論も、2018年まで続いています。

DENTはやはり用途がはっきりしているのがわかりやすくてよいですね。これからが楽しみです。

 

DENTが購入できる取引所はKuCoin(クーコイン)・購入方法・買い方は?

DENTは海外取引所のKuCoin(クーコイン)で購入することができます。国内の取引所では購入することができません。

KuCoin(クーコイン)は下記のような特徴があります。

  • 取引手数料が格安(0.1%なので1万円購入だとたった10円)
  • 扱っている銘柄が60種類以上と豊富(国内はだいたい10種類程度)
  • 香港の取引所で、日本語対応済み
  • 取引高が急成長中
  • 二段階認証などのセキュリティも対応済み

登録がまだなら下記URL、QRコードから登録できます。新規登録者の殺到により、登録を一時停止している場合がありますので、リンク先をご確認ください。

KuCoin口座の新規登録:KuCoin 公式サイト

https://www.kucoin.com/#/?r=21sP2

また、KuCoinでの購入方法ですが、KuCoinでは直接日本円を入金することができません、日本国内の取引所で日本円を入金した後、ビットコインやイーサリアムの形で送金する必要があります。

日本で仮想通貨やってるほとんどの人が口座開設している下記の3つ、まだ登録していないものが一つでもあるなら早めに開設してしまいましょう。それぞれで取引できる仮想通貨の銘柄が異なるため、目当ての銘柄が買えなくなるリスクを避けるために3つともささっと登録してしまいましょう。

審査に時間がかかるようなので、登録が遅くなって目当ての仮想通貨の暴騰に乗り遅れないように。